しらたまが道草を採って食うブログ

私ついていくよ どんな辛い野食の闇の中でさえ

葱坊主ができる頃のノビルって固くないんですか

 

どこにでも生えていて、アク抜きなどの面倒な調理工程が必要なく、そして美味いという点で、ノビルが人権野草であることに異論はないことと思います。

ノビルは春先から出始めますが、あまり小さいうちにとっても食べ応えがなく、一本一本薄皮の処理をするのも面倒なので、ある程度の大きさになってから採るのがいい。鱗茎(いわゆるタマの部分)も大きい方がいいしね。

 

4月中旬、イタドリを採りに河川敷に来たときに、ついでにノビルでも採って帰ろうかと思い立った。

 

f:id:shiratamarr:20230602082252j:image

f:id:shiratamarr:20230602082256j:image

 

他の草も生え散らかしてるので分かりにくいですが、ノビルにつぼみ(葱坊主)ができている。普通のネギの葱坊主であれば大変美味しいのですが、わざわざノビルの小さい葱坊主が美味しいのかは知らない。かと言って集めて食べるのも面倒くさい。それよりも、葱坊主ができるころのノビルは成長しきって背丈が大きくなっているので、全草を食べられるなら歩留まりがすこぶる良い。

だってこの大きさですよ。
f:id:shiratamarr:20230606152812j:image

 

問題は繊維が固すぎないか。成長フェーズでは新しい細胞がどんどんできているので柔らかく食べやすいが、成長しきっていろいろ花を咲かせる準備をしましょうという段階になると繊維が固くなってくるので、だんだんと食べるのに向かなくなってくる。

野草の繊維の強さを測るときの自分の中での基準ですが、野草の茎を手で折ってみて、①小気味よくポキンと折れたらまったく問題なし、②少ししなってからポキンと折れるときは小さく刻んで火にかければ食べられる、③折れ目に目に見えるほどの繊維が残る、または一発で折れないのであれば諦める、という感じです。

試してみると今回のノビルは②のイメージで、おそらくまだいけそう。ということでまとまった量を採取していきましょう。

 

 


おりゃ!

f:id:shiratamarr:20230602082300j:image

タマが千切れてるじゃねえか!!!下手くそ!!!人間やめろ!!!

 

 

 

今度はいいね🥰🥰🥰🥰🥰🥰🥰
f:id:shiratamarr:20230605082737j:image

できれば脇についている小さな鱗茎は土に戻してあげるといいです。

 

 

 

 

 

 

 

採ってきたノビル(一部)。小ネギやん。

f:id:shiratamarr:20230607143253j:image

 

試してみるまでもなくザク切りで食べるには繊固い気がしたので、小口切りで繊維を細かく断ち切って食べてみる。

 

ちょうど水餃子をしたのでスープに入れてみる。最近冷凍の水餃子を重宝してましてね。餃子を茹でて野菜添えるだけでもよし、野菜と一緒にスープ風にしてもよし。共働き世帯には冷凍水餃子、はっきりわかんだね。

f:id:shiratamarr:20230610122510j:image

市販の小ネギに比べたら当然固めではあるけど、ちゃんと食べられますね。妻が文句言わなかったので問題ないということでしょう。

 

タマも美味い。
f:id:shiratamarr:20230607143250j:image

 

 

小口切りすれば普通に使えることがわかったので、採ってきたノビル全部小口切りにしてタッパーで保存しながら使いました。
f:id:shiratamarr:20230607143247j:image

 

味噌汁に入れてもよし。
f:id:shiratamarr:20230607143211j:image

 

酢鳥の彩りに入れてもよし。

f:id:shiratamarr:20230607143239j:image

 

 

さすがに火をしっかり入れた方が食べやすかったので、そこだけ注意ですね。

 

 

(採取日: 2023. 4.18)

ユキノシタの天ぷら

 

近所の公園の一箇所にだけユキノシタが生えていた。天ぷらになるべくして生まれてきた野草です。

 

f:id:shiratamarr:20230331190413j:image
f:id:shiratamarr:20230331190418j:image

よく家の庭に植えられていたりもしますね。ユキノシタを庭に植えておけば、いつでも天ぷらをすることができるわけです。庭にユキノシタを植えてるのに天ぷらにしない人は何を考えてるんでしょうね。


f:id:shiratamarr:20230331190422j:image

ユキノシタの葉の裏は白くなっていて、かつ赤い毛が密生しています。「雪ノ下雪乃の毛…」とかすぐそういう気持ち悪いこと言うのやめてもらっていいですか。

 

 

 

株から伸びている赤いのは走出枝(ランナー)というやつで、この出走枝の先端から葉や根が出てきて個体として分離します。芋とかムカゴと同じで、身体の一部が新しい個体に分かれる栄養繁殖という無性生殖の一形態です。

f:id:shiratamarr:20230421072409j:image

f:id:shiratamarr:20230331190537j:image

 

根っこはこんな感じ。
f:id:shiratamarr:20230331190544j:image

 

 

 

 

 

 

 

天ぷらにするときは、見た目が良くなるよう葉の裏にだけ天ぷら粉をつけて、裏側を30秒ほど、表側を一瞬だけ揚げる。

f:id:shiratamarr:20230331190654j:image
f:id:shiratamarr:20230331190659j:image

 

ユキノシタ自体にはこれといった味はないですが、葉に一定の厚みがあるためシャリシャリとした葉の食感が感じられます。表面が毛に覆われているので衣の絡みが良く、この点でも天ぷらとの適性が高いですね。

 

 

 

 

 

ちなみに、天ぷら特化型の野草は、このユキノシタの他にアカメガシワやカラムシなど色々あります。この中ではユキノシタが天ぷらのタネとして一番メジャーで、野草イーターではない一般人からも知られていますが、葉の表面が毛で覆われているので天ぷらという調理法との相性がいいという点で共通します。

アカメガシワにはモチモチとした食感があります。アカメガシワは本当に河川敷や里山に行けばどこにでも見つかるわりに美味しいので、個人的に気に入ってる野草です。

 

カラムシは葉が薄いので、葉自体の食感はほぼ感じられずただサクサクとしています。紫蘇の天ぷらの食感が好きな人は好きだと思う。

 

 

どれも単体で天ぷらのメインを張れるほどではないけれども、賑やかしとして天ぷらの盛り合わせに入っていてもおかしくないくらいの美味しさです。

 

 

(採取日: 2023.3.25)

妻の導きのもとつくしを採る

 

3月の頭、妻が「そろそろつくし出てないかな?」と言い出した。

わが細君は貴婦人なので野草など食べない。「これ地域によっては流通してるよ」と言っても警戒して食べないことの方が多い。ひょっとすると、以前私がドクダミのフライを食べさせたのが原因なのかもしれないの。

【ご参考】弊ブログの初回の記事

 

しかしなぜかつくしにだけは異常な執着を持っており、私以上の熱意をもって毎年つくしを採取している。今回も、もうすぐつくしの季節だな〜と思っていたら「つくし生えてないか見てくるわ」と言って自ら確認に行く始末。つくしの何が君の心の柔らかい場所を触れるというのか。

 

そんなわけで珍しく家族総出で野草を採りにきた。

f:id:shiratamarr:20230405123027j:image
f:id:shiratamarr:20230417233003j:image

 

まだ出始めたばかりですね。つくしはどれだけでも生えてくるので、小さくても容赦なく採取していきます。
f:id:shiratamarr:20230405123018j:image

 

 

 

 

 

 

とりあえず初物ゲット。
f:id:shiratamarr:20230421201404j:image

 

出始めのころはハカマどうしがくっついているが、伸びるにつれてハカマどうしの距離が離れてきます。入学したての頃は長かったスカートも、背が伸びた今では膝丈だね… 
f:id:shiratamarr:20230405123036j:image

 

ハカマを取ります。ハカマも食べられなくはないですが、固くて口に残ります。本当にどうでもいいんですけど、自分で書いてるのにハカマを毎回ネカマに空目する。
f:id:shiratamarr:20230405123032j:image

f:id:shiratamarr:20230408131813j:image

 

104本のハカマを取るのに40分くらいかかりました。つくしはこの作業の手間があるのがネックですね。

 

 

下茹で1分程度でごく短く済ませて、2,3 時間水にさらす。苦味やエグ味が魅力なのであまり時間をかけないようにするのがいいものの、わが子も食べるのでこのくらいで様子を見ます。

f:id:shiratamarr:20230405123129j:image

 

ちなみにつくしにはアルカロイド類、チアミナーゼ[※1]といった人体に有害な成分が含まれています。つくしは大量に食べるようなものではないので問題になることは多くないとは思いますが、これらの成分を処理する意味でもアク抜きはちゃんとした方がいいと思います。クックパッドでつくしを生のまま調理している人を見かけたけど、強く生きてほしい。

[※1] チアミナーゼチアミン(=ビタミンB1)の分解酵素であるため、大量の摂取はチアミン欠乏症(人間でいうところの脚気)を引き起こす。チアミナーゼはつくし(=スギナ)と同じシダ植物であるワラビやぜんまい、魚介類、甲殻類にも多く含まれている。酵素なので加熱すれば失活する。

 

 

 

鰹節と醤油をかけていただく。
f:id:shiratamarr:20230405123132j:image

つくしの味を一番よく感じられて美味い。ほのかな苦味エグ味と少しモソモソしたような食感が唯一無二の味わいを醸し出している。文字にするとそれがなんで美味いんだよと思うのだが、なんか美味いのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

2週間後、妻がもっとよく採れるつくしポイントを見つけてきた。つくしに対してのみ向けられるその熱意はなんなんだよ。


f:id:shiratamarr:20230405123139j:image
f:id:shiratamarr:20230405123135j:image

3月20日前後でちょうど食べ頃になってました。

 


f:id:shiratamarr:20230405123144j:image

数えていないけど350本くらいかな。ハカマを取るのに2時間半くらいかかりました。いくら手仕事が好きと言ってもつらいものがある。
f:id:shiratamarr:20230405123149j:image

 

 

たくさんあるので、普段やらない調理法をしてみます。牛肉と炒めて、醤油、オイスターソース、砂糖、胡麻油で。

f:id:shiratamarr:20230405123254j:image
f:id:shiratamarr:20230405123257j:image

 

濃い味付けだけど、奥につくしの風味が感じられて美味いですね。こういう調理をするなら下処理の時間をもうちょっと短くして風味を強く残しておいてもいいかもしれない。

 

 

茹でただけのつくしをうどんに添えるとおつな感じになります。
f:id:shiratamarr:20230417232115j:image

 

 

 

つくしは案外いろんな料理に使えるので、たくさん採って茹でたものを冷凍保存しておくのもよいです。

 

 

 

(採取日: 2023. 3. 5 / 3. 21)

ハクモクレンの花を食べようとしてみた

 

f:id:shiratamarr:20230327120906j:image
f:id:shiratamarr:20230327120901j:image

 

申鶴復刻おめでとうございます!

仙人である申鶴は花を食べます。私も負けられないゾ、ということで花を食べていきましょうね。

 

 

 

ちょうど近所のハクモクレンが先週見頃になっていました。見頃ということは食べ頃だと解釈しても、あながち間違いではないでしょう。

 

 

あ、一週間経ったらもう花が終わりかけてますね…。

f:id:shiratamarr:20230327121113j:image
f:id:shiratamarr:20230327121110j:image

 

先日からの5月並みの陽気と今日の雨のコンボで花の多くが散ってしまった。
f:id:shiratamarr:20230327121106j:image

 

まだ褐変しきっていないものだけを拝借。
f:id:shiratamarr:20230327124425j:image

 

 

桜もきれいに咲いています。八重桜の花を摘んで塩漬けにしたいんですけど、近所に八重桜がないんですよね。

f:id:shiratamarr:20230327121832j:image
f:id:shiratamarr:20230327121835j:image

 

ユキヤナギも満開です。普段は地味だけど、花が咲くと他の花にはない迫力がありますね。ユキヤナギ小柳ゆきって言い間違えがち。
f:id:shiratamarr:20230327121839j:image
f:id:shiratamarr:20230327121843j:image

 

 

 

 

 

それにしても、ハクモクレンって食べられるんでしょうか。花弁が分厚くて食べ甲斐がありそうだなという理由だけで先に採取してしまいました。こういう油断が命取りになるんだよ。

 

まず、ハクモクレンは生薬になるようです。

薬用には、開花直前の蕾を採取し、軸を除いた後、風で乾燥させます。生薬名は「辛夷(しんい)」です。中国最古の漢方の書物『神農本草経』(250年~280年頃)の上品に収載されている生薬で、「辛雉」「木筆」「迎春」などとも呼ばれています。蓄膿症や鼻炎、鼻づまりなど鼻の病気一般や、頭痛、解熱、鎮咳などに用いられています。

 

(https://www.yomeishu.co.jp/sp/genkigenki/crudem/200331/)

 

 

ハクモクレン(白木蓮)とモクレン(紫木蓮〈シモクレン〉)は別種で、モクレンの花はすべて紫です。どのサイトを覗いても基本的にハクモクレンを生薬にするとあり、モクレンとは明確に区別されているっぽい。

一方、白い花を咲かせる点で共通するハクモクレンとコブシは、どちらも蕾が上記の生薬として利用されるとのこと。

 

【参考:花の見分け方】

モクレン、ハクモクレン、コブシの見分け方 - 株式会社バイオーム

 

生薬に使われるということは、適量を食べる限りにおいては体に悪影響はないと考えていいかもしれませんが、食材として実食したという情報がほぼ見当たらず、食べる勇気が出ない。

過去にエディブルフラワーではない花を何度が食べていますが、たいてい苦くて、強いて食べるようなものではないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず齧って口に含んでみる(飲み込みはしない)。まずは生で。

f:id:shiratamarr:20230327192124j:image

 

柑橘っぽい清涼感があるんだけど、数口噛むと苦味と辛さが広がる。例えるなら、夏蜜柑の皮の表面の橙色の部分を噛んだようなヒリヒリした辛さ。生薬っぽいといえばそうかもしれないが、食べ物と認識できるレベルではない。

 

 

1分くらい茹でて水に晒してみるか。
f:id:shiratamarr:20230327192127j:image

f:id:shiratamarr:20230327192132j:image

 

3時間くらい経ったところで食べてみたが、苦味も辛さも少し抜けたくらいで、依然として食べられるレベルになっていない。

 

 

数回水を換えて一晩おいた。

f:id:shiratamarr:20230327192138j:image
f:id:shiratamarr:20230327192142j:image

 

だいぶ食べやすくなったとはいえ、成分がまだ残っている感じがします。もっと水にさらせばおそらく気にならないくらいまで抜けると思いますが、結局食べて大丈夫なのかは分からずじまいなので諦めました。


f:id:shiratamarr:20230327192146j:image

一晩さらしたあとの水。口に含んでみると、花弁を齧ったときと同じ苦味がありつつも、ジャスミン茶のような芳香があり、こういう飲み物だと言って出されればそのまま飲みそうな気もする。

 

 

 

 

 

 

たぶん食べても問題ないんだろうなと思いながらもモヤモヤしている状態なので、今後も可食性についての情報を探りたいとは思いますが、仮に可食だったとしても積極的に再度食べてみたいかと言われると微妙です。お茶だったら飲んでもいいかもしれない。

 

 

 

(採取日: 2023. 3. 25)

 

道端で採れる山菜としてギシギシの新芽を評価したい

 

ギシギシという植物はどこにでも生えているザ・雑草ですが、その新芽は山菜のような特有のほろ苦さと風味があって美味しかったりします。「ザ・雑草」って言葉面白くないですか。ともあれオカジュンサイとも呼ばれるくらいには一部で食材として認知されており、すでにこのブログでも過去に食べています。

 

過去記事

 

 

極めてレア度の低い野草なので、普段はまとまった量が採れたり大きな株が見つかったりということがなければ強いて採取しないのですが、それはギシギシの新芽が取るに足りない野草ということでは決してありません。配布キャラは弱いと思われがちですが、使い方をしっかり考えて相応の投資をすればちゃんとダメージを出すことができるみたいな、つまりそういう話です。一番可愛いしね。

 

参考画像:原神のアンバーちゃん

f:id:shiratamarr:20230322152422j:image

 

 

そういうわけで、条件さえ揃いさえすれば久々にギシギシの新芽を食べたいなと思っていたところに、立派なギシギシの群生地を見つけました。

 

f:id:shiratamarr:20230321142613j:image

f:id:shiratamarr:20230321142035j:image

 

群生している様子を見せたくてもっと引きのアングルの写真も撮ったんですが、長い枯れ草が覆い被さっているせいでただの茶色い絵面になってしまったので割愛します。

 

これがギシギシ。ギシギシにも複数の種類があるようですが、不勉強で全く同定ができません。
f:id:shiratamarr:20230321142027j:image

 

2月ごろから、白い皮を被った新芽が出てきます。これを採って食べます。
f:id:shiratamarr:20230321142038j:image

 

立派な新芽。オカジュンサイという呼び名のとおり、新芽にはネバリがあるんですが、けっこう葉っぱが伸びてきてしまっているのでこういうやつはネバリが薄いかもしれません。

f:id:shiratamarr:20230321142031j:image

 

ネバリのせいで素手では採りづらいので、軍手とカッターを使うのがいいです。この日は軍手もカッターもなかったので、頑張って爪を立てて新芽を切るようにして採りました。痛かったです。

 

あとモリチャバネゴキブリがヨチヨチ歩いていたので写真貼っときますね。
f:id:shiratamarr:20230321143248j:image

 

 

 

 

 

成果。
f:id:shiratamarr:20230321142048j:image
f:id:shiratamarr:20230321142052j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

下処理はまず薄皮を剥くところから。こういう地味な作業を真面目にできる方は野草に向いています。おめでとうございます。
f:id:shiratamarr:20230321142055j:image
f:id:shiratamarr:20230321142059j:image

 

長いまま茹でたほうが水っぽくならず風味もよく残るんじゃないかと思いつつ、後処理が楽なので切ってから茹でてしまった。このように易きに流れて雑な処理をする人は野草に向いていません。
f:id:shiratamarr:20230321142103j:image

 

普通に茹でる。まず2分程度茹でて、お湯を捨てて再度水を張って一度茹でこぼす。茹でこぼしのときの茹で時間は軽く1分くらい。アク抜きのために長時間茹でるくらいなら長く水にさらす派です。
f:id:shiratamarr:20230321142107j:image
f:id:shiratamarr:20230321142111j:image

 

一晩水にさらす。途中で1回だけ水を換えました。
f:id:shiratamarr:20230321142115j:image

 

ワラビのアク抜きには重曹を使うけど、それ以外の野草・山菜に安易に重曹を使うと、風味が抜けすぎるし食感はグズグズになるし重曹の味が付くので、僕は絶対に重曹を使わないようにしています(過去にやって懲りた)。

 

 

 

 

 

 

ギシギシの風味にはやはり醤油だと思う。とろろご飯に乗せちゃうのとかいい。とろろとギシギシのネバリの相乗効果。

f:id:shiratamarr:20230321142118j:image
f:id:shiratamarr:20230321142122j:image
f:id:shiratamarr:20230321142126j:image

 

残りは全部かつお節と醤油をかけて食べてしまいました。これ以外にも食べ方があるような気がするけど、たぶんこれが一番美味しい。

 

もちろん食感は全然違うけども風味の系統はワラビを彷彿とさせるところがある。一番近いのはイタドリの新芽で、ギシギシもイタドリもいずれもタデ科の植物、シュウ酸を多く含むという特徴も共通するので風味も近いのでしょうか。ちなみにシュウ酸は漢字では蓚酸と書き、「蓚」がタデ科のスイバを表す漢字なのだそうです。

 

山菜に近しい味の野草がその辺の道端とか空き地に生えているなんてロマンがある話です。みんな山に美味しいものがあると思って山に行きますけど、全然足元にあるんですよ。中島みゆきの『地上の星』を聴き直してほしいものだ。

 

 

 

 

(採取日: 2023. 2. 24)

 

フジの実についてのアップデート

 

1年前に食べたフジの実が美味かったんですよ。

 

そういえば今年は拾いに行くチャンスがなかったなあと思いながら春を迎えようしていた、そんなタイミングでフジの実に遭遇した。

 

f:id:shiratamarr:20230224170630j:image

f:id:shiratamarr:20230224171415j:image

 

芝生が綺麗に敷かれたような公園って基本食材を見つけにくいんですけど、フジはそんなところで採れる数少ない食材です。


f:id:shiratamarr:20230224170633j:image

フジの実(さっきから実って言ってるけど正しくは種)って長いサヤに入ってるんですが、秋ごろになるとこのサヤがパチンと爆ぜて中の種を散布します。しかしこの藤棚には2月の終わりになっても爆ぜずに木にぶら下がったままになっているサヤがとても多い。種子散布ヘタクソかよ。

 

せっかくなので木に残ってるサヤから新鮮な実を取り出してみることにします。
f:id:shiratamarr:20230224170637j:image

 

サヤってとても硬くて、イメージとしては木の皮とか薄い木材みたいな質感です。手で割ることは難儀なので足で踏んで体重をかけて割っていきます。体重をかけただけでダメならガンガン踏む。一番確実なのは、固い場所に置いて石で叩く方法かなと思う。

f:id:shiratamarr:20230224170640j:image
f:id:shiratamarr:20230224170643j:image

たくさん入ってますね、もっと採りましょう。イヌの散歩に来たおばさんがこっち見てるけど気にせず採りましょう。

 

ちなみに、地面に落ちてから時間の経過した実(写真右)とサヤから出したばかりの実(写真左)を比べると、前者の方が赤っぽくて表面のシワが多く、触った感触もフカフカと若干の柔らかさがある。

f:id:shiratamarr:20230305224917j:image

 

 

これがサヤの断面。薄い木板が3枚くらい重なってるみたいな構造してる。

f:id:shiratamarr:20230224172039j:image

 

 

サヤの表面にはうぶ毛みたいな毛が密生していて、ビロードみたいな光沢を醸し出しているのが何ともキレイです。

f:id:shiratamarr:20230305224137j:image

 

f:id:shiratamarr:20230305224253j:image

こんな捻れたサヤを見たことある方は多いと思うが、フジは十分に乾燥すると一対のサヤが互いに逆方向に捻れて、その勢いで種子を飛ばします。自力散布とか自動散布とか呼ばれる種子散布の方法で、鳥や小動物のエサとなって運ばれるでもなく、タンポポやカエデのように風に運ばれるでもなく、ハマダイコンやココヤシのように水に運ばれるでもなく、自らの力で種を飛ばすという真面目なやつである。

この種子散布はなかなか勢いがあるようで、寺田寅彦の随筆にそのことについて触れたものがある。

昭和七年十二月十三日の夕方帰宅して、居間の机の前へすわると同時に、ぴしりという音がして何か座右の障子にぶつかったものがある。子供がいたずらに小石でも投げたかと思ったが、そうではなくて、それは庭の藤棚の藤豆がはねてその実の一つが飛んで来たのであった。

(中略)

それにしても、これほど猛烈な勢いで豆を飛ばせるというのは驚くべきことである。書斎の軒の藤棚から居室の障子までは最短距離にしても五間はある。それで、地上三メートルの高さから水平に発射されたとして十メートルの距離において地上一メートルの点で障子に衝突したとすれば、空気の抵抗を除外しても、少なくも毎秒十メートル以上の初速をもって発射されたとしなければ勘定が合わない。

 

(『藤の実』)

https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2339_13490.html

 

秒速10メートルというのは時速にすると36キロメートルなのでなかなかの速さであるが、新海誠[注1]の『秒速5センチメートル』の冒頭を思いつきで借用すればこんな感じである。

明里:ねぇ、秒速10メートルなんだって。
隆貴:えっ、なに?
明里:フジが種を飛ばすときのスピード。秒速10メートル。
隆貴:ん〜。……ん?
明里:ねぇ、なんだか、まるでソ連の5.45x39mm弾みたいじゃない?初速が出るの。小口径化したから。
隆貴:明里、そういうことよく知ってるよね。

 

 

[注1] 新海誠作品のなかで『星を追う子ども』が好きだと言ったときに困ったようなリアクションするのやめてもらっていいですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

炒る以外の調理方法を知らないので、今回も炒って食べました。フジに含まれる毒成分については前回の記事に書いたとおりです。前回はビビって食べるのを25粒くらいに留めたんですが、結局大丈夫だったので今回は45粒くらい食べてみる。

f:id:shiratamarr:20230305231041j:image

 

やっぱり美味いですね。ちょっと青っぽい香りのある炒り大豆とかイカリ豆みたいな感じで、豆らしい味の濃さがある。ポリポリした食感を楽しむなら火はしっかりと入れた方がいい。

 

結局、食べてからも腹の調子は問題なかったです。とはいえ体質は人それぞれですので、食べるときは自己責任で。

 

 

 

 

(採取日: 2023. 2. 24)

春の野草はカラシナから始まる

 

あくまでも私の住むところではっていう話ですが、春の野草の本格的なシーズンインは3月からで、どれだけ暖かくとも2月はまだ種類が限られています。そんななかでもいち早く青々と成長する筆頭野草がカラシナ。そんなわけで毎年の私の春の野草採取はカラシナから始まります。

 

去年

 

 

2月下旬ですがもりもり育ってますね。

f:id:shiratamarr:20230226183605j:image
f:id:shiratamarr:20230226183558j:image
f:id:shiratamarr:20230226183601j:image

 

この川原は私の八百屋で、野草の季節になると毎年何度も足を運ぶんですが、年々カラシナが増えている気がします。

今まで思考停止になっていて調べたことがなかったけど、これはセイヨウカラシナという外来種で、環境省が定める生態系被害防止外来種リストにも掲載されている。その強い繁殖力もさることながら、根が大根状に肥大化、枯死に伴い根があったところに隙間ができるため、洪水時に堤防が侵食されやすくなってしまうらしい。そのため、カラシナの駆除も行われているという。

https://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000041502.pdf

堤防を壊す?河川敷を黄色く染める「菜の花」 実際に被害も…(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース

 

こんなことなら根っこごと引っこ抜いてこればよかったな。

 

 

 

 

 

 

河川管理にとっては悪者でも、まな板に乗ればただの食材というものよ。

f:id:shiratamarr:20230228190636j:image

 

ノビルも採ったよ。
f:id:shiratamarr:20230228190630j:image

 

エスニック風に甘辛く炒める。市販の菜の花、いわゆるアブラナよりもクロロフィル感が強いので、濃い味付けの方が合うと思います。
f:id:shiratamarr:20230228190641j:image

ヘタな野菜食ってるよりもよっぽど美味しいですね。軽めに火を入れると辛味は飛びつつもカラシの香りは残るんですよね。焼きつければアブラナ科らしい香ばしいコクが出てくる。

 

ラーメンに乗せちゃってもいい。

f:id:shiratamarr:20230228231138j:image

 

写真はありませんが、パッタイにも入れて美味しく頂きました。

 

 

(採取日: 2023. 2. 24)