しらたまが道草を採って食うブログ

私ついていくよ どんな辛い野食の闇の中でさえ

フィリピンでバロットを食べた話

 

仕事でフィリピンに行ったのですが、ローカルフードを食べるのも仕事のうちみたいなとこありますよね。

 


ローカルスタッフ「バロット食べたことある?」

 

ワイ「何それ?」

 

ローカルスタッフ「写真見る?w」

 

ワイ「何わろてんねん、見せろや」

 

ローカルスタッフ「これやで」

 

ワイ「これ美味しんぼで見てずっと食べたかったやつ」


みたいな話をしたら、レストランで食べるものではないからよかったら明日買ってオフィスで食べていいよとのこと。オフィスで食べるようなものではないだろと思いつつ、なかなかこんな機会  ないですもんね  乗るっきゃない  このビッグウェーブに。ローカルスタッフからしたら、日本人に食べさせて面白がろうとしたんだろうが、この悪食のしらたま、この程度で動揺はしない。舐めんな。

 


バロットは、鴨の有精卵のなかでヒナがある程度成育した段階のものを茹でたもの。

フィリピンだけでなく、タイやベトナムなど他の東南アジア地域にも同じ食文化がありますね。ちなみにベトナムではホビロンって呼ぶらしいです。緒花の役やってるときの伊藤かな恵さんの声のトーンめっちゃ好きです。

 

 


皆さんにも今後食べる機会が訪れると思うので、現地民から教えてもらった食べ方を詳しく載せておきますね。

 


まず、バロットは市場の露店や行商から買うのが一般的だそう。スーパーにはあまり置いてない。鮮度が落ちやすいので買った早めに食べてください。私がサーブしてもらったときはアツアツでした。

f:id:shiratamarr:20240601144628j:image

左のお皿に乗ってるのは塩とビネガー。なんでビネガーがピンク色してるんですか?

 

玉子の両端のうち、より黒っぽく見える側をテーブルに叩きつけてひびを入れます。空洞が多いから殻を剥きやすいのだそう。

f:id:shiratamarr:20240601144708j:image

f:id:shiratamarr:20240601144726j:image

 

 

ちょっと殻を剥いたら、中のスープをまず啜って飲む。スープは、茹で卵の茹で汁と鶏肉の茹で汁を3:1で割ったみたいな感じ。ローカルの兄ちゃんが「このスープねwwww ヒナのおしっこなんだよwwww」と小学生みたいなこと言ってずっと笑っていた。お前ちょっと黙ってろ。

 

あとは塩や酢をつけてガブっといってください。

f:id:shiratamarr:20240601145734j:image

 

黄身。ヒナとして育っていくのはカラザなので、黄身はこの段階ではそのまま残っている。茹で卵の黄身と大きくは変わらないが、ちょっと食感は固め。成育段階の問題なのか、ニワトリではなく鴨だからなのかは不明。

f:id:shiratamarr:20240601144900j:image


この灰色のような茶色のような部分がヒナですね。卵から鳥になる過渡期の味、としか表現のしようのない味。内臓なのかコラーゲンなのか、コクがいい感じに加わっている。やはり茹で卵よりも圧倒的に味は濃い。

f:id:shiratamarr:20240601144920j:image

f:id:shiratamarr:20240601145239j:image

たまに魚の小骨っぽいものがある。少しずつ骨が形成されているんですねぇ(しみじみ)

写真に写っている羽毛っぽいものは、そうです、羽毛です。食感はもそもそしてますが、よく噛めば口には残りません。

 

 

 

 

バロットはどちらかというと酒のつまみで、基本は夜に食べるものだそう。まあ見るからに明るいうちに食べるものではないわな。

ご想像のとおり、見た目が無理という理由でローカルでも食べない人が多いそうで、その場にいたフィリピン人5人のうちバロットが好きと答えたのは2人だけだった。なんやねん。

 

バロットを食べられたので、今回の出張は大成功だったと言えます。しかし話を聞けば、赤犬、ねずみ、ヘビ、イグアナ、虫各種など幅広い食材をフィリピンでは食べるようなので(フィリピン全土で一般的に食べられているとは思わないが)、それはまた次回出張時の宿題ですね。

 

漁師が捨てたしじみを拾う

 

3歳の息子もついに釣りデビューを果たし、昨年の11〜12月は連日ハゼ釣りをしていた。

 

f:id:shiratamarr:20240525144236j:image
f:id:shiratamarr:20240525144245j:image

 


ここはしじみ漁やはまぐり漁の船着場になっている港で、漁師さんの邪魔にならない範囲で釣りができるようになっている。

f:id:shiratamarr:20240525144607j:image

 

 

昼近くになり、船が戻ってきては貝の選別やら清掃やらをしている。そのうちに港の一角でセリが行われて、漁師さんたちが帰っていく。

われわれはめざとくも気づいていた。水揚げ時に船着場の地面にこぼれ落ちたまま放置されているしじみの存在に。セリが終わって数時間が既に経過。漁師さんたちが戻ってくる気配はまったくない。

 

f:id:shiratamarr:20240525144509j:image

f:id:shiratamarr:20240525144528j:image

f:id:shiratamarr:20240525144548j:image

 

 

丁寧 丁寧 丁寧に

f:id:shiratamarr:20240525144613j:image

 

揺れたり震えたりした線で

f:id:shiratamarr:20240527231903j:image

 

描くよ 君の歌を
f:id:shiratamarr:20240525144600j:image



 

 

しじみといえばそりゃしじみ汁と決まっている。五臓六腑に染み渡るとはこのことよ。

f:id:shiratamarr:20240527232142j:image

 

ただで手に入れたしじみで作った味噌汁はうまいか

うめえんだわ

 

f:id:shiratamarr:20240525145603j:image
f:id:shiratamarr:20240525145600j:image

黒っぽいしじみと薄褐色のしじみが混ざっていますが、汽水域で一般的に獲られるしじみなのでどちらもヤマトシジミでしょう。成長するにつれて殻の色が黒くなっていくようです。

島根県:ヤマトシジミの一生(トップ / しごと・産業 / 水産業 / 水産振興 / 島根の川と湖 / 島根の豊かな川と湖)

 

 

捨てられてから多少時間が経過しても鮮度が保たれやすい冬場限定のアクティビティなので、ご注意ください。

 

 

(採取日: 2023. 12月某日)

 

ジョロウグモは秋の味覚らしい

 

黄色とグレーの縞模様にお尻の赤が映えて、ジョロウグモを見ると、ああ、秋だなあという心地がする。秋の空の青さにこれほど似つかわしい虫はいないと思う。

 

f:id:shiratamarr:20231202203702j:image

(Wikipediaより)

 

 

ジョロウグモは虫食界ではとても美味しい虫という確固たる評価を得ているようで、プロになると「ジョロウグモを見ると唾液が出てくる」らしい。どういうことやねん。

今年こそは食べてみようと思い9月頃からずっと機会を伺っていたのだが、なかなか一人でゆっくり採取して料理するタイミングに恵まれず、11月末になってしまった。ジョロウグモは秋に交尾して木の幹などに卵嚢をつくり、冬が来ると死んでしまう。先週から急に気温が下がって冬の気候になってしまったが、ジョロウグモたちはまだ生きているのか。

 

里山を歩き回るが、この前までどこにでもいたのに、姿が全く見られなくなっている。てっきり、クモがいなくなってもクモの巣は残っているものかと思っていたが、この前まであちこちに張り巡らされていたはずの巣は、どこを見ても綺麗さっぱりなくなっている。秋の痕跡が消え、いよいよ本格的に冬が来たのだなという寂寥感に浸る。

 

 

 

歩き回ってどうにか見つけた一匹目。

f:id:shiratamarr:20231202203003j:image

f:id:shiratamarr:20231202210810j:image

手を添えているのは単にカメラのピントを合わせているだけです。

 

噛まれると痛そうなので箸で捕獲していきます。動き自体は速くないので、普通に捕まえられます。

f:id:shiratamarr:20231202211131j:image
f:id:shiratamarr:20231202211124j:image
f:id:shiratamarr:20231202211127j:image

 

 

3匹とれたので帰宅。

f:id:shiratamarr:20231202211517j:image

 

足も縞々なんですよ。可愛いですね。
f:id:shiratamarr:20231202211418j:image

 

グレーの部分がにび色というか鉛色というか、ニュアンスの含んだグレーで綺麗なんですよね。
f:id:shiratamarr:20231202211415j:image

 

立派な口。よく噛んで食べてる証拠ですね。
f:id:shiratamarr:20231202211409j:image

 

 

 

素揚げでサクサクと頂きますよ。

f:id:shiratamarr:20231202211412j:image

f:id:shiratamarr:20231202212432j:image
f:id:shiratamarr:20231202212439j:image

 

目いっぱい脚が広がりましたね…。脚広げるとやっぱりでかいですね。


f:id:shiratamarr:20231202212436j:image

 

脚はそりゃサクサクです。普通に香ばしくて美味い。一応味を伝えるためにバッタ類の脚と比べてみると、バッタがエビの殻だとしたらクモは魚の骨せんべい。バッタってよく「エビっぽい」と言われることがありまして、エビっぽいというよりも、バッタのよく発達した外骨格の香ばしさが揚げたエビやカニの殻の風味を想起させるということなのだと私は理解しているんですが、そうは言ってもクモとバッタを比べてどちらがエビっぽいかと聞かれれば、まあバッタの方ですよねとなる。クモにはそこまでの香りがなく、骨の柔らかい魚の骨を揚げたような食感と味わい。いずれにせよ普通に美味い。

 

お腹をプチっと噛むと、中の内臓のソフトな食感が感じられます。食べたことのある虫の中ではイモムシ以外はすべてサクサク系、中身が詰まっているとしても身がみっちりと詰まっている(セミの幼虫、コオロギ)ものばかりだったので、内臓を思わせるとろりとしたテクスチャーが虫から現れたことに一瞬戸惑ってしまった。しかし、やはり内臓とか魚卵っぽい旨みがある。中がレアの炙りたらこを皮ごと噛んだ感じのニュアンスに近いような、そうでないような。

あと、ジョロウグモは豆っぽさがあるとも言われるんですが、豆の中でも大豆でしょうか。さすがにセミの幼虫のように、本当に植物の汁を吸って生きてる虫のような強い豆感はないが、いかにもな動物性タンパク質の味とも違う優しみは、「豆っぽい」ととりあえず言い表しておくのがいいのかもしれない。空豆っぽい、と評する人も多いようだけど、空豆を想起するほどの強いパンチはないので、空豆はちょっと大袈裟かな?という印象。時期や食性によっても味が違ってくる可能性はあるので、あくまでも今回私が食べた個体は、ということかもしれません。

 

 

 

 

ジョロウグモは見た目のインパクトの割に「知ってる味」でした。味自体には驚きはないが、それだけに、一度食べてしまうともうただの食材ですね。

 

 

(採取日: 2023. 11. 30)

 

豆柿は熟すと甘いけどタイミングを間違えると渋い

 

秋は野山を散歩するのがよろしい。いろんな実がなってますからね。

 

ムカゴ。私が毎年毎年この時期になると妻の白い目にもめげず採りにいくので、最近では妻もムカゴ採りに付き合ってくれるようになりました。

f:id:shiratamarr:20231028150658j:image 

ムカゴについて詳しくなりたい方はこちらの過去記事をご覧ください。

 

まだ青いカラスウリ。赤く熟したものはもう食べることは絶対に不可能ですが、若い固いうちなら食べられるらしいです。
f:id:shiratamarr:20231028150702j:image
f:id:shiratamarr:20231028150655j:image

家で切ってみたら中がもう柔らかくなっていたので捨てました。すまんな。

 

アケビアケビの木はたくさんあるけど実に遭遇することは少ないんですよね。
f:id:shiratamarr:20231028150706j:image

 

 

 

豆柿。

f:id:shiratamarr:20231022180633j:image
f:id:shiratamarr:20231022180644j:image

それにしても秋の青空に赤い柿の実はよく似合う。

たしか熟した豆柿は甘いんだったはず。色の濃い柔らかくなったものを採ってみます。
f:id:shiratamarr:20231022180636j:image

 

1個目。うんうん、甘い。香りは弱いけどしっかりと甘いですね。皮は薄いので食べてしまってもよさそう。

 

2個目は、1個目より少し熟しが浅いがそこそこ柔らかくなっている。やはり甘いですね。

 

…いや、渋いな。

 

5秒くらい経ってから舌の上に現れるザラザラ感。遅れてくるけど、しっかりとタンニンタンニンしてますねこれ。

 

 

明らかにまだ熟しきってない実も一応食べてみる。色がまだ薄い。
f:id:shiratamarr:20231022180640j:image

これは明らかにダメですね。甘みはそこそこあるんだけどね。

 

豆柿は完全に熟したもの、なんなら傷み始める一歩手前のぽちゃぽちゃのものをピンポイントで狙わないとだめですね。

タイミングにさえ気をつければふつうに食べて美味しいし、若いうちは渋くても糖度はあるので干し柿にしてもいいかもしれない。まあ実家に柿の木があるので僕はやりませんが…。

 

 

(採取日: 2023. 10. 20)

ブルーギルの淡水魚感のなさは異常

 

小学生の頃にブルーギルを飼っていたんですよ(まだ特定外来生物法が施行される前なので、生きたままの運搬や飼育がセーフだった)。毎日、学校から帰ってきたら畑でミミズを掘って餌やりしていましたね。ブルーギルというのは人慣れする魚で、飼い始めてしばらくすると、私が通りかかるたびに「お?ご飯か?」と近寄ってくるようになって可愛かったです。かれこれ2年ほど野外の水槽で飼っていたんだけど、ある暑い夏の日に水温が上がりすぎて茹だって死んでしまった。このときの記憶があり、その後釣りでブルーギルを見かけるたびに、あの時は可哀想なことをしてしまったなと、飼っていた子たちが脳裏をよぎるようになってしまった。

少し悲しい記憶と紐づいているブルーギルだが、そんなわけで私はブルーギルという魚が好きである。特定外来生物ということで悪者扱いされがちだが、本当に可愛らしい魚だと思う。

 

 

 

ある日ナマズ釣りの漁場開拓に行ったのですが、もう何でもいいので魚の引きを味わいたくなり、急遽雑魚釣りを始めることに。そんなときにブルーギルはいい魚ですね、持ってるワームの切れ端で釣れるので。

 

エコギアのパワークラブの脚をむしって使いましょうね。

f:id:shiratamarr:20231008194738j:image

 

良型のブルーギルであろうが超小型のブルーギルであろうが見境なく釣って持ち帰るよ。特定外来生物だからね。
f:id:shiratamarr:20231008194744j:image

 

ブルーギルというのは好奇心の強くかつ警戒心の薄い魚なので簡単に釣れるんですが、さすがにひたすら同じ場所で釣りしているとスレてくるのか反応が悪くなっていきました(「スレる」というのは釣り用語で、警戒心が強まってきて口を使わなくなることを言います)。ブルーギルでもスレることあるんですね。

 

 

 

 

 

もっとたくさん釣りたかったのですが、このくらいで諦めました。
f:id:shiratamarr:20231008194751j:image

 

 

さて、捌いていくわけですけど、ブルーギルはとにかく鰭が痛いんだよ。少なくとも背鰭は最初にキッチンバサミで切っておくといいです。
f:id:shiratamarr:20231008194726j:image

 

 

全体的小さいやつが多いので丸ごと揚げて唐揚げにしていく。鱗と内臓を取ったら、骨までしっかり火が入るよう半分に割ります。
f:id:shiratamarr:20231008194735j:image

 

醤油とすりおろし生姜につけて、薄力粉をはたいて揚げる。
f:id:shiratamarr:20231008194729j:image

 

 

 

 

 

f:id:shiratamarr:20231008194741j:image
f:id:shiratamarr:20231008194748j:image
f:id:shiratamarr:20231008194732j:image

 

全然臭みがない。

 

お前普段から臭い川魚を食べてるから耐性ついてるだけだろと思うじゃないですか?それが本当に臭みが全くなくて、不肖しらたま、これには驚いているんですよ。地元民にしかわからない話で恐縮ですけど、岐阜県海津市の大江川で釣ったブルーギルなんですよ。大江川ってお世辞にも綺麗な川ではないんですよ。海津という地域は長良川揖斐川という大河川に挟まれて、昔から洪水の絶えなかった地域で、洪水から守るために周りを堤防で覆い囲った輪中という小区画が点在してるんだけど、そこを流れる大江川は揖斐川に洪水の水を排水する水路のような役割を持った実は重要な川なんだけど、っていう話をこの前放送してたブラタモリでやってたんだけど、明治時代に招聘されたオランダ人技師ヨハネス・デ・レーケによって大規模な治水工事が行われたんだけど、そのときに土木工事に従事したのは薩摩旧士族なんだけど、みたいな話を岐阜県民の小学生は4年生くらいの社会科で勉強するんだけど(ちなみに同じくらいのときに岐阜特産の守口大根についても学びます)、その時の縁があっていまだに鹿児島・岐阜両県では教育分野での交流が行われてたりするんだけど、何が言いたいかというとつまり大江川はそんなに綺麗じゃない川なんですよ。その川のブルーギルが全く臭くないというのはしらたま的にもとても驚きだったんですね。

 

【参考資料】ヨハネス・デ・レーケ

f:id:shiratamarr:20231008202009j:image

 

【参考資料】守口大根
f:id:shiratamarr:20231008202013j:image

 

 

20分くらいじっくり揚げたんだけど、これでもまだ骨が硬いですね、もうちょっと長く揚げるか、あらかじめ骨を出刃包丁で叩いて砕いておいてからおいてから揚げると良かった。三枚おろしにして揚げるのが一番確実ではありますが、個人的な思想として、釣った魚は内臓とエラ以外は極力美味しく食べてあげたいという気持ちがあり、ブルーギルのような骨が太くて顔もそこそこ大きい魚であれば身の歩留まりがすこぶる悪いので、骨も頭も美味しく食べないと大半を捨てることになってしまいます。釣った者の責任としてそこは最低限守りたいラインですね。私が昔飼っていたあの世のブルーギルもきっとそれを望んでいることよ。

 

 

 

(釣行日: 2023. 7. 16)

お前らはいつもそうだ ターシャ・テューダーがヤマモモを摘んでジャムを作ったらおしゃれだというくせに 俺が同じことをしてたら不審な目で見るんだろ

 

そう、静かなる怒りが常に私の中にあるのですよ。

 

NHKの土曜夕方とかに、ターシャ・テューダーさんとかベニシア・スタンリー・スミスさんが自然に寄り添いながら生活している様子を描いたドキュメンタリー番組がやってて、野に出て野生のいちごを摘んで「これをジャムにするのがこの季節の恒例行事なの」とか言ってて、隣で妻がそれを見ながら「こんなおしゃれな生活したいわん🐶」とか言いながらさけるチーズ食べてたりするんですけど、いやいや、他ならぬ貴女の夫がまさにそんな生活を実践しているのだが?とか思わなくもないわけなんですね。

初夏にヤマモモを採って食す。なぜアメリカの絵本画家がやればおしゃれで、私がやったらオランウータンのエサ集めということになるんですか。東山動物園内にあるヤマモモは飼育員さんが集めてオランウータンが食べるんですが、その話はもう去年書いた。

 

 

 

 

今年は妻への抗議の意も込めて、ヤマモモ採りにわが子を連れて行くことにしました(結局妻も来た)。

 

f:id:shiratamarr:20230909153945j:image
f:id:shiratamarr:20230909153948j:image

いいですね。

 

ヤマモモは熟すとぽとぽとと地面に落ちていきます。
f:id:shiratamarr:20230909153935j:image

 

ヤマモモのよくある採り方は、地面に傘を置いて木を揺らして実を落とすというやつなんですが、幹が太くてなかなか落ちてこない。あと、ナイロン地の傘でやるとヤマモモの果汁がついてとれなくなるので、やるならビニール傘にすることを強くお勧めします。
f:id:shiratamarr:20230909153941j:image
f:id:shiratamarr:20230909153938j:image

 

直に採った方が早いぞということで、虫取り網で枝をゆすってキャッチしていきます。網に果汁がつかないように内側に大きな袋を重ねています。

f:id:shiratamarr:20230909154206j:image

 

上手く採れましたが、ヤマモモの重さで網が破れてしまった。釣り用のネットでやるべきでしたね。
f:id:shiratamarr:20230909154222j:image

 

 

 

 

 

 

 

生でも食べつつ、今回はジャムを作っていきます。赤い、まだ熟していない実も気にせず使っていきます。
f:id:shiratamarr:20230909154212j:image

 

このくらいの色のやつが完熟。このくらいになると甘い。
f:id:shiratamarr:20230909154216j:image

 

砂糖たくさん。酸味の強い果実なので砂糖は控えてはならない。

f:id:shiratamarr:20230909154219j:image

 

煮ていく。
f:id:shiratamarr:20230909154238j:image

 

なんか表面に浮いてるんですよね。調理開始後にいろんなレシピとか見てみると、「汚れや虫を取るために一度ヤマモモの実を下茹でする」とある。なるほどね。まぁいいや。
f:id:shiratamarr:20230909154225j:image

 

 

今回初めてジャムにするにあたり、一番の不確定要素だったのが種取り。ザルの中でよく潰せばだいたい解決する問題なのか、それとも一粒ずつ手で種を取らなければならないのか。まずはザルの中で潰してみる。
f:id:shiratamarr:20230909154228j:image
f:id:shiratamarr:20230909154203j:image

f:id:shiratamarr:20230909154241j:image

うーん、種の周りの部分はさすがに取れないですね。コスパを求めるなら許容範囲かなとも思うけど、コスパのために野食をやっているわけではないので、結局2時間半くらいかけて丁寧に手で種と果肉を分けました。

 

果肉を戻して煮詰めていく。
f:id:shiratamarr:20230909154244j:image
f:id:shiratamarr:20230909154200j:image

いいですね。

 

 

瓶詰めした様子はもうめんどくさかったので写真に収めていませんが、ボンヌママンの瓶に詰めるとたいそうおしゃれです。

クソダサ写真ですが、バタートーストにのせるととても美味い。くっきりとした酸味がこの上ない果実感を出しており、その辺のジャムでは物足りなくなる。
f:id:shiratamarr:20230909154235j:image

 

あとはスコーンを焼いて添えたりとか、パウンドケーキに混ぜ込んだりしようと思いつつ、トーストの段階で美味すぎてまだやってないです。このままトーストで消費し尽くしてしまうかもしれません。

 

みんなもヤマモモのジャムを作ってターシャ・テューダーになろう。

 

 

(採取日: 2023. 6. 18)

 

カメムシを食べるとき においは取り除いた方がいいのか問題

 

カメムシという虫は、世界的に見るとアジアやアフリカで食べられているメジャーな食材ですが、その食材としての地位は「あのにおいがあるからこそ」なのか、「あのにおいがあるにもかかわらず」なのか。そこが、皆さんがカメムシを食べようとしたときに悩むポイントなのではないかと推察いたします。

かく言う私も今まで食べたことがなかったのですが、折りしも実家の柿の木の摘果を頼まれたので、きっと今がその時なのだろうと覚悟して今回試してみることにした。

 

 

 

カメムシというやつは基本的に農業害虫とされています。カメムシが果実の汁を吸うと、そこが黒っぽく変色して形もボコボコになってしまう。見た目が大変悪くなってしまって、自家消費以外の道を断たれます。

 

柿の木にもちょこちょことカメムシがいるものの、まだ実がなる季節でもないのであまり数がいない。むしろカメムシが集まっていたのは菜の花。


f:id:shiratamarr:20230504211413j:image

おい、なに人んちの菜の花で交尾してんだ。


f:id:shiratamarr:20230504211420j:image

 

アオクサカメムシと思われる。メジャーなカメムシですね。よく見ると可愛い顔してるんですよね。

 


f:id:shiratamarr:20230504211423j:image

写真に小さく写っているオレンジと黒のカメムシはナガメ(菜亀)といい、その名のとおりアブラナ科の植物につく。残念ながら捕り逃がしてしまった。カメムシって体が重いのか、指で少し突っついただけでポロッと落ちるんですよね。

 

 

 

 

 

集めた。
f:id:shiratamarr:20230504211429j:image
f:id:shiratamarr:20230504211432j:image

集めたのはいいけど、この後どうすればいいんですか。

何を悩んでいるかというと、冒頭でも書いたとおり、カメムシを食べるにあたってカメムシ臭は活かす方向なのか無くす方向なのか、どちらで攻めればいいのかという話である。

日本の著名な昆虫食家の皆さんはどうやらにおいを活かす方向で食べているらしい。そもそもカメムシにはパクチー香のやつと青リンゴ香のやつがいるらしく、その違いを楽しむには香りを飛ばすなんてありえないということになる。

 

 

参考(参考になるとは言ってない)

 

 

もう一方の「カメムシ臭を活かさない食べ方」ってなんやねんという話なのですが、立教大学野中健一先生が書かれている『虫食む人々の暮らし』(NHKブックス、2007)のなかで、カメムシを調理する前工程で徹底して臭みを取り去る様子が描かれているんですよ。それを見て、「やっぱりカメムシを日常的に食べている人にとってもカメムシって臭いんだな」と思ったものである。

以外抜粋

 

2004年4月に私は、南アフリカ共和国東北部へさまざまな民族の人たちの昆虫との関わり合いを調べようと調査旅行に出かけた。

(中略)

採集されたカメムシは、バケツの中でまだ生きてガサガサ動いている。そこに少量の熱湯を注いで、木べらでかき混ぜる。このような目に遭わせることにより、カメムシは臭い物質を分泌液として発射し発散させる。カメムシの独特のにおいは警戒物質で、攻撃への防御のために発散されるものである。熱湯をかけてかき混ぜるこのやり方は、その物質を体内から発散させてしまうのに効果的なのだ。(中略)においを取り除くため、これを三度繰り返し、におい成分を出し切ることによって、カメムシの体からにおいが取り除かれるのだ。

(中略)

採集したカメムシの中には、死んでしまったものも出てくる。そうなるともはやにおい物質を発散させることはできないが、それはそれで別の方法が考案されている。まず、死んだカメムシの頭を手で摘んで取り除き、内臓をちぎられた首から指で絞り出す。出てきたものをギュッと石になすりつけてこすり、取り除く。徹底してにおいのもとを取り除く。

 

野中健一『虫食む人々のくらし』p110-113

 

においが処理されたカメムシは、このあと茹でて天日干しにされる。干しカメムシはそのままおやつや酒のつまみとして食べられることもあるし、炒め料理にして彼らの主食であるトウモロコシ粉のお粥のおかずになることもあるらしい。

 

東南アジアでも虫がよく消費されるが、ラオス農村部でのカメムシ食事情についてもこのような記載がある。

採ってきたカメムシは、素焼きにしてそのまま食べてもよいが、塩や調味料をかけて炒めれば、よいおかずになる。堅い頭や翅は取り除いて柔らかな身の部分だけを食べる。チェオと呼ばれるラオスのおかず料理に、このカメムシもよく使われる。素焼きにしたカメムシを鉢に入れて、杵で搗き潰し、ニンニク、トマト、トウガラシ、ミントなどの野菜に、魚醬、塩、化学調味料を混ぜて、さらによく搗いてペースト状にしたものだ。お櫃からモチ米を手に取って握り、チェオにチョンチョンとつけて食べる。日本のつけミソのような感覚である。辛み、酸味とカメムシの味が絶妙に調和していて、食が進む。コオロギのチェオとはまた一味違って、スゥーッとした感じがする。

五ミリ程度の小さなカメムシで、チェオを作ってもらった。これはカメムシを炒めて、レモングラスとトウガラシとを合わせて搗いて擦り潰したものだ。トウガラシだけではただ辛いだけのふりかけになってしまうが、レモングラスが入ることによって、カメムシの独特のにおいは打ち消され、トウガラシの辛みがカメムシの濃厚で爽やかな辛みと甘みのハーモニーとなる。

(中略)

だが、ここで疑問が生じる。私がラオスの村で見た限りでは、別段におい抜きの処理はしていないのだ。村人は採りたてのカメムシをすぐさま料理していた。それでできあがった料理が、とりたてて臭いということもない。聞くところでは、ときには生きているカメムシに熱湯をかけて、においを取り除くこともあるというのだが。こちらは、南アフリカで見た方法に近い。だが、採ったあとに死んでしまったカメムシには、お湯をかける必要はなく、そのまま調理すればよいのだと彼らは言う。たしかに、素焼きのカメムシを食べても生きていたときのようないやなにおいは感じられない。

 

同書、p122-124

 

ラオスのエピソードでは、このあと、カメムシは生で食べる方が美味しい、このにおいがいいのだ、と言う人々のことも紹介しているが、そのような場合でも人によってにおいへの許容度は異なるらしいことが述べられている。

結局、「臭いから美味い」なのか「臭くないほうが美味い」なのかは人の好みということだが、どちらの事例でも、基本的にはにおいは処理されるべきものとされている。主食のおかずとして食べるという点がどうやらポイントなのではという気がする。

 

 

 

 

 

今回私が捕獲するアオクサカメムシは、そのまま嗅ぐといかにもカメムシな臭いがする。カメムシのにおいを除去するなら、捕りたて元気な今がチャンスである。さて、においを取り除くのか残すのか。あのにおいが口の中に入るとどうなるのだろうという好奇心もあるが、私は昆虫食に関しては人文地理学的な知的好奇心が強いので、実際にカメムシが食べられている地域の人々の感覚を知りたいという思いが強い。

 

ということで、カメムシには悪いが容器を振って、カメムシたちににおいを出してもらいます。
f:id:shiratamarr:20230504211436j:image

 

念のため蓋を開けて確認してみるか…

f:id:shiratamarr:20230512002301j:image

 

くっせ

 

 

しっかりにおいを出してくれてます。この程度でにおい成分が体内から消えたのか全くわかりませんが。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shiratamarr:20230702225223j:image

この子たちを、


f:id:shiratamarr:20230702225208j:image

まず下茹で。虫を油で炒めたり揚げたりするときはまず茹でろって先人が言ってた。生のまま油に入れると爆発するので、まず茹でて体内のタンパク質を凝固させる。

 

油で炒めるとすごい勢いで油が撥ねるので気をつけてください。
f:id:shiratamarr:20230702225135j:image


f:id:shiratamarr:20230709130336j:image
f:id:shiratamarr:20230709130339j:image

 

美味しそうですね(大嘘)


f:id:shiratamarr:20230702225132j:image
f:id:shiratamarr:20230702225128j:image

f:id:shiratamarr:20230709132235p:image

この腹の横の穴からにおいを出すんですねぇ。

 

 

サクッ…

 

翅(はね)は取り除いてないですが、小型のカメムシなのでそんなに気にならないです。

 

(・ω・)!

 

すごくコクがある。脂質を感じさせる濃厚さがある。そして見事ににおいが取り除かれている。この味なら、上に出てきたラオスのチェオという食べ方がすごく美味そうに思える。豚肉のリエットに唐辛子とハーブとナンプラーを入れて、そこに少しのバターと干しエビを入れた感じなんじゃないかな。チェオについての記述は他の本でも読んだことがあって、コオロギで作るのが一般的なのかと思ってたけど、カメムシを使うのもよくわかる気がする。

 

 

2匹目も食べてみましょうね。

 

あ、くっせ…

 

ペットボトルの振りが足らなかったのか、もしくはそのときにはすでに死んでいたのか、この個体はにおいが強烈に残ってました。全面的にパクチーの香りが広がります。「カメムシパクチーのにおい」っていうのは、比喩じゃなくて本当なんですね。思った以上にパクチー香。言うなればパクチーが好きな人であればこのにおい自体は受け入れられると思う。鼻で嗅いだときと、食べて含み香として感知したときとで、においの印象がけっこう変わるのが面白い。

そして、なんか苦いですね。直前に食べていたものの影響なのかよくわかりませんが、まぁ野食してると「なんか苦い個体」には一定の確率で当たるものなので気にするほどではないだろう。辛みは全然感じなかったので、このアオクサカメムシは辛くない系のカメムシなんですね。

 

 

夕食と一緒にカメムシを食べてたんですが、この日の夕食は冷凍の焼き餃子だったんですよ。市販の餃子ってにおい強いじゃないですか。正直言って、カメムシより餃子の方が普通にくさいのでは?って思ったんですよ。さっきのにおうカメムシの後に餃子食べたら、カメムシのにおいも味も一瞬で餃子に打ち消されて、そのあとまたカメムシを食べてももう餃子の余韻しか感じられなくなりました。とにかく餃子の味とにおいが強すぎる。別に私は添加物アンチでもオーガニック厨でもないですが、カメムシよりも冷凍餃子のほうがよっぽどやべえもん入ってるんじゃないかとすら思いました。

 

 

 

カメムシのコクにはハーブやスパイスがすごく合いそうなので、次回は唐辛子といっしょに炒めて甘辛酸っぱいエスニックな味付けで食べてみてもいいなと思いました。

 

 

(採取日: 2023. 5. 4)